ブログ内検索

HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ゲーム

【カフェ恋】小鳥遊 歩 プロローグ~前半1話

実は、去年の7月3日。
千秋君をクリアした後、スタートした歩君シナリオ。好みでは無かったので、誠君からやってしまうと、残って辛そうだし(苦笑)この後あるだろう琢磨さんや恭一さん、ミケーレさんを攻略できないと思ったので。

で、

やったのですが・・・無理でした(苦笑)
でも、案の定どんどんシナリオが増えているので、そろそろ始めないと・・・って事で再スタート。


↓ネタバレ感想記



~プロローグ~

「アモーレ」での初バイトに赴く主人公。早速、恭一さんとご対面。恭一さんの微笑って・・・この場面が一番長いかも(笑)
仕事を教わる(攻略する)相手を3人から選ぶ時・・・ギリギリまで誠君と迷った(苦笑)

ツンデ・・・ 歩君、攻略スタート―――あぁ(笑)

早速、歩君に声をかけてみるも・・・無視。もう一度頼むと、渋々レクチャー開始。主人公「茨の道を選んでしまったかも。」と、早くも後悔。本当にその通りですよ(大笑)



~前半1話~

バイト2日目。早速、恭一さんにエントランスから入って来た事を咎められる。歩君の大雑把説明を伏せて「忘れていました。」と謝ると、「次は気を付ける様に。」と言って去っていく・・・相変わらず怖いです(笑)
そんなやり取りの後、やっと歩君登場。綺麗な顔立ちに見惚れながら挨拶をすると、いきなりキレ気味に返答が!

しかもその後、すごい一言を吐くんですよーーーーーー!(前回はココでダウンしたんだった・・・)

酷いよ歩君!!主人公も絶句(笑)
そんなやり取りをしている所へ、誠君がKYな感じで乱入(笑)心のオアシス~♪
この時に2人が並んだイラストになるんですが、ほぼデフォルトなのか・・・小鳥遊君のめんどそーな顔ときたら!(笑)
オープン時間になっても何をしていいのかわからない主人公を放置の小鳥遊君。つかさず恭一さんに「仕事しろ」と言われるも「何をしたらいいのか分からない。」と途方にくれる・・・恭一さん分かっているくせにーーー!(涙)
結局、接客しなくてもいいと言われ、しかも小鳥遊君に説教すると!?いやーーーー心労が増すから!!

案の定、小鳥遊君に詰め寄られる主人公(苦笑)「見て覚えろ。」 どこぞの師匠の様な事を言われ・・・観察開始。
動作も綺麗な小鳥遊君に見惚れる主人公。余裕だな(笑)ぼけっと見ていると、カウンターからスタッフを呼ぶベルが。気が付かない小鳥遊君に 『ベルがなった事を伝える』 と 「ボクは気が付いていたから!」と言い捨ててカウンターへ。(でもいい感じの選択肢だったと思う)勿論、恭一さんからは「すぐ来なさい。」と怒られる。

自分が居る事が小鳥遊君にイヤな思いをさせていると落ち込む主人公。でも、アレは彼のが問題では・・・(苦笑)

1日が終わって、ミケーレさんにゴミ捨てを頼まれる。こんな些細なことで癒される~~~♪そこに居合わせる琢磨さんと目が合う・・・

笑 顔 !!

は~wずっとその ニコっ てお顔でいてくださいw

着替えるためにバックヤードへ戻ると、中から小鳥遊君と琢磨さんの声が・・・「なんで主人公に優しくしてやれない?」と!?もっと言ってやってーーーー(笑)その場を立ち去る主人公。えー。
ま、中には入れないよね(笑)
フロアで時間を潰していると、琢磨さんが出てきて「聞いてたのか?」・・・鋭い。「悪い奴じゃないから」許してやって欲しいと話す琢磨さんに、「自分が小鳥遊君に迷惑をかけている。」と萎む主人公。ココで琢磨さんが驚くのは、後の複線ですか!?
そこへ小鳥遊君登場。琢磨さんには懐いている事が判明(笑)
琢磨さんに、主人公への態度を謝るよう諭される小鳥遊君。勿論、憮然としますが(苦笑)

琢磨さん、とんでもない事を提案!「ええーーー!」って(笑)

渋々、了承する小鳥遊君。ここでようやく主人公も、小鳥遊君は琢磨さんには素直だと気が付く・・・遅いよーー(笑)


て、か、最後のはカワイイです(大笑)


呆れる琢磨さんを余所に、初めて名前を呼んで貰った事を喜ぶ主人公でした。


・・・過酷過ぎて気が付かなかったw 
次回へ続くー!



この記事のトラックバックURL

http://mayu3.blog29.fc2.com/tb.php/225-9e85256e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。