ブログ内検索

HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ジェームズ・ダーシー

AN AMERICAN HAUNTING

ジェームズ・ダーシー出演のホラー。購入から○ヶ月(笑)やっと鑑賞。

「全米興行収益初登場第3位に飛び込んだ、全てが真実に基づく本格オカルト・スリラー」らしいです。
スプラッター・ホラー・スリラー。どれも怖いことには変わりない(苦笑)

日本公式HP

A-6_20090109220803.jpg


『テネシー州の古い屋敷に住む少女ジェーンは、毎夜、悪夢にうなされる。母エリザベスが屋根裏部屋で見つけた古い手紙によると、先祖には何か恐ろしい秘密があるらしい。

――19世紀初頭、屋敷の持ち主ジョンと娘のベッツィーは、あるトラブルから隣人で「魔女」と噂されるケイト・バッツの恨みを買う。
彼女の呪いの言葉とおり、災厄に襲われ始める2人。ベッツィーの教師パウエル(ジェームズ・ダーシー)は、悪霊の存在など信じられず、奇妙な現象を突き明かそうとするが・・・。』

って内容。

怖い怖いと思って、なかなか観れずにいたのですが。これが、映像がとても好み。綺麗で良い。
しかし、やはりホラーは苦手なので、TVでバラエティを観つつ、PCの音とウィンドを小さくしたりして、なんとか鑑賞開始(苦笑)

ちなみに、撮影監督エイドリアン・ビドルの遺作になったそうです・・・。
A-5
館の持ち主 ジョン・ベル(ドナルド・サザーランド Donald Sutherland)

A-7_20090110000908.jpg
災難に合う娘 
ベッツイー・ベル(レイチェル・ハード=ウッド Rachel Hurd-Wood)

A-10
善良な妻 ルーシー・ベル(シシー・スペイセク Sissy Spacek)

A-6
ベッツイーの兄 ジョン・ジュニア・ベル(Thom Fell)

A-2
ベッツィーが通う学校の教師 
リチャード・パウエル(ジェームズ・ダーシー James D'Arcy)

A-3
隣人 ジェームズ・ジョンソン(Matthew Marsh)

A-4
隣人 ケイト・バッツ(Gaye Brown)


A-9
現代で悪夢にうなされる少女
ジェーン(レイチェル・ハード=ウッド Rachel Hurd-Wood)

A-7
ジェーンの母エリザベス(シシー・スペイセク Sissy Spacek)




・・・怖くない!
とりあえずパウエル先生役のダーシーは出ずっぱりなので、衣装も素敵だし、眼鏡姿も見れるしお得です♪

前半のベッツィーが見えない何かに引きずり回されて頬を叩かれたりするのですが・・・その場に居合わせた大人3人掛りでパウエル先生に相談しに行っても「何かのトリックですよ。僕が証明しますから。」って・・・ばか!(苦笑)

「スリラー」って血がドバーとか、ゾンビがドーンとかの表現はしないらしいので、聖書が破け飛んだりしますが、たまに現代に戻ってくれるし、この作品に限ってかもしれませんが、大きな音さえ出なければ怖くない。
レイチェル・ハード=ウッドのベッツィーが段々壊れていく演技が上手い!!しかも可愛い!!!でも、あんな怖い目にあっている娘を部屋に一人っきりにしないでください。(苦笑)

時間が短いからか、あんまり各人物を掘り下げていかないので、なんだか物語が浅い気がするのが残念。・・・って後半どんでん返しが!!!
そ、そうですか・・・。

で、最後の最後は無限ループって事ですね・・・もう少しクリアーにして欲しかったかもですが、冒頭を考えると妥当な終わり方なんですね。



あのー、ところで最後ダーシーはどうなったのでしょうか・・・(苦笑)




この記事のトラックバックURL

http://mayu3.blog29.fc2.com/tb.php/224-4beceb19

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。