ブログ内検索

HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>映画とDVD

「EX MACHINA-エクスマキナ-」

EX MACHINA10月11日の「EX MACHINA-エクスマキナ-」試写会に行ってきましたw


実は、「アップルシード」見ていないんですよね。
士郎さんの原作イラストも、そんなに好みじゃないんです。

で、あんまり期待しないで見に行きました(オイ)


そしたらですね。

結構面白い!




↓ちょっとネタバレあります。
未来。
非核大戦によって世界の半分が死に絶え、停戦後に誕生した中立都市「オリュンポス」には生き残った人間、大戦で負傷してサイボークとなった人々、そして人間の遺伝子情報より作られた感情を制限し看視者となるバイオロイドが共存している。

バイオロイドである行政長官アレイアスの元、治安維持にあたる特殊部隊E S.W.A.Tの隊員デュナン(CV:小林愛)は作戦行動中に不意をつかれるが、大戦時に負傷してサイボークとなったパートナー、恋人のブリアレオス(CV:山寺宏一)、に助けられる。
しかしブリアレオスは瀕死重症を負い、新たなパートナーとして配属されたテレウス(CV:岸裕二)は、ブリアレオスの遺伝子から作られた、彼と同じ顔を持つバイオロイドだった――。



デュナンとブリアレオスの絡みが切ないです。
ブリアレオスの葛藤とか、なんと言うか、女子的に言うと萌えます(苦笑)
そしてレテウスが良い男なんだな。彼はバイオロイドの割には感情豊かだと思うのですが、「初めて嘘を付いた」と言う辺りから個性が出てくると思う。
全体的にテンポ良く一気に見れて面白かったです。ただ、世界観を理解する前に終了してしまったので(苦笑)あとで思い返すと面白かったというか(笑)
「複合産業都市ポセイドン」の外交官の名前が「吉野ハジメ」だと、公式サイトを見るまで分からなかった・・・そう言う細かい設定や、カタカナが多すぎで覚えられず(苦)

デュナンの声がイメージよりも、ちょっと甘いかな?と言う位で、声優陣もそんなに気にならなかったし。むしろフルCGの方が、慣れなくて気になった(苦笑)
細野晴臣監修の音楽もよかったし。
プラダのデザインした衣装が、あのパーティードレスだけなら、ちょといまいちかも?
あと、副題?の「戦う遺伝子が、愛を選ぶ――。」は・・・言われたらそうかなぁ(苦笑)コレって、最後まで見ると「ネタバレジャン!?」って気が付く(笑)

外のキャラクターは「義経」がいい味出していましたw


「エクスマキナ」の動画が見れます。
BIGLOBEストリーム『特集『EX MACHINA-エクスマキナ-
Yahoo!動画 キネマ横丁『EX MACHINA-エクスマキナ-』特番

この記事のトラックバックURL

http://mayu3.blog29.fc2.com/tb.php/164-2906d7bf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。